• 「桂 三若落語会」出演者情報〈その③〉

    7月7日・七夕の日に弁天座で開催の「桂 三若落語会」。出演者について、一人ずつご紹介をしています。最後にご紹介するのは、スペシャルゲストの桂小文枝さん♪

    大阪市出身で、今年73歳になられます。
    1969年、3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)に入門し活動を開始、最初は「桂きん枝」名で活動。「ヤングおー!おー!」では、弟弟子の桂文珍・月亭八方・4代目林家小染とともに落語家ユニット「ザ・パンダ」として活躍しました。バラエティ番組「プロポーズ大作戦」、朝ドラ「てるてる家族」、映画「明日があるさ THE MOVIE」、CMなどメディア出演も多数。また、「阪神タイガース 酒飲み音頭2003」(1979年「日本全国酒飲み音頭」(バラクーダ/1979年。阪神タイガース応援歌としてリメイクした作品)を○勝吉本酔虎隊の一員として歌ったり…と多芸。2019年には4代目桂小文枝を襲名され、今に至ります。上方落語家が出演する「大阪落語祭」にも3年連続出演したりと、上方落語の発展にも尽力されています。上方落語協会では副会長、相談役を歴任。どっしりとお弟子さんたちの活躍を見守られているんですね。
    今年の7月でちょうど入門から55年目となるようです!

    飾り気のない人柄、ざっくばらんなトークで、幅広いファンから親しまれているそうな。当日のトークが楽しみです。

    天満天神繁昌亭での落語会など、まだまだ勢力的に落語口演を行なっています。近く6月15日(土)には「第187回 元祖大阪名物あほの会」にも出演されるそうです。
    小文枝さんの定席でもある大阪天満天神の「繁昌亭」への出演情報は 桂小文枝 | 天満天神繁昌亭|上方落語専門の定席 (hanjotei.jp) をご覧ください。

    チケットの予約もただいま受付中です。
    Lawsonのローチケでは、6月1日から販売も始まっています。
    スペシャルゲストを迎えての公演…皆さま、ご期待ください!

  • 「桂 三若落語会」ポスターができました!!

    7月に土佐清水市立市民文化会館さんと弁天座で開催の「桂三若落語会」。
    両館のチラシ・ポスターが完成しました~(ˊᗜˋ*)*.•*これから県内各所で、皆様の目に入る機会が増えると思います!

    弁天座バージョン。七夕感あふれる(?!)デザインになっています♪
    〈弁天座公演情報〉
    日時  2024年7月7日(土)13:30開場/14:00開演
    料金 ※全席自由 ※未就学児入場不可
       ●一般 2,000円(当日券 2,500円) ●小学生 500円(当日も同じ)

    チケットは弁天座でもご予約を承っているほか、ローチケwebや全国のLawson・ミニストップ設置の「Loppi」でも予約・購入可能です。(Lコード 61626)
    また、今年は県内のTSUTAYA各店ほかでの購入も可能になりました。前売りチケットは当日チケットよりお得に購入できますので、お買い物の際には、落語会のチケットもあわせて購入しちゃいましょう!

    土佐清水市立市民文化会館の詳細はこちらです
    〈土 佐 清 水 公 演 情 報〉
    日時  2024年7月6日(土)18:00開場/18:30開演
    料金(前売り)
    ●会員 1,800円(当日券 なし)
    ●一般 2,000円(当日券 2,500円)
    ●高校生以下 無料
    *チケットは土佐清水市立市民文化会館、土佐清水市立中央公民館、プラザパル、サニーマート清水店ほかで販売しているほか、ローチケwebや全国のLawson・ミニストップ設置の「Loppi」でも予約・購入可能です。(Lコード 61626)

    今年も高知の東と西で桂三若さんが本場の笑いを届けてくれます(*ノˊᗜˋ*)ノ
    どうぞご期待ください♪

  • 土佐絵金歌舞伎伝承会さんのバナーが出来ました!

    このほど土佐絵金歌舞伎伝承会さんのバナーが完成。弁天座ホームページのトップに登場しています!(私もすぐには気づきませんでした…。)

    絵金歌舞伎さんの活動や、これからの予定などが公開されているFacebookページにリンクしていますので、トップページからぜひ一度覗いてみてください♪
    (↓の画像からもFacebookページにつながります)

    また、今年の「赤岡絵金祭り」のポスターが届きました!今年のメインビジュアルは「播州皿屋敷 鉄山下屋敷」。怪談噺の中でも、有名どころの作品です。

    戦国時代、姫路を治めていた小寺氏が、重臣・青山鉄山の野望に気づき、様子を探るために召使いを住み込ませていました。その召使がお菊だったのですが、のちにお菊を悲劇が襲います…。
    怪談「番町皿屋敷」とはまた少し違ったストーリーのようです。涼しくなりたい夜にぴったりの題材ですよね。

    開催は7月20日・21日を予定しています。詳細は絵金祭りのホームページをご確認ください。https://ekinmatsuri.com/

  • 「桂 三若落語会」出演者情報〈その②〉

    7月に開催の「桂 三若落語会」。今年はスペシャルゲストを迎え、豪華に開催します!

    本ブログでは、出演者について最新情報も含め紹介させていただいています。

    今回で3回目の出演となる 桂 三語さんの紹介です。                                             2019年に産経新聞社、上方落語協会主催で若手落語家の登竜門といわれる「新進落語家競演会(第24回)」にて新人賞を受賞された方でもあります。
    関西を中心に落語会に出演したり、ネット上(Stand.fm)で落語を配信するなど、メディアでも活躍されています!
    兵庫県宝塚市や三田市で定期的に落語会を開いているほか、5月31日(金)には『六代文枝一門会 ~三若、三語ふたり会~』が開催されました。
    三語さんの活動予定やなどは、オフィシャルウェブサイト(https://katsura35.com/)からもご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてください。落語の配信も聴けますよ

    2016年から3年連続、弁天座でも口演してくださったので、記憶にある方もいらっしゃるのでは…。初めての方はもちろん、以前見に来てくださった方にも、懐かしくかつ新鮮に聴いていただけることと思います。

    「桂 三若落語会」は、桂三若さん・桂小文枝さん・桂三語さんの3人が出演してくれます。
    ぜひ、ライブでしか味わえない落語の魅力・奥深さに触れていただければと思います。
    チケットは弁天座のほか、6月からはLawson(ローチケ)で先行販売になりますので、ぜひお買い求めください♪

  • 歌謡ショーでお遍路めぐり♪

    5月21日、気象庁より沖縄・奄美地方の梅雨入りが発表されました。夏の前の準備期間ともいえる梅雨の時期。大災害にならない程度の恵みの雨となることを祈ります。
    日々暑くなっていますが、まだまだ通勤途中にはお遍路さんの姿が。みなさん、装束をまとい元気に札所を目指して歩かれています。

    弁天座では、5月19日(日)、へんろ歌手・藤田賀子さんによるお遍路歌謡ショーとひとり芝居が開催され、60人ほどのお客様がお芝居と歌で四国霊場を一緒にめぐりました。
    当日朝はあいにくの雨でしたが、開場前から弁天座周辺にはお客様の姿が見られました。

    開演時間になり、法螺貝を合図に公演開始。

    最初のステージでは、スペシャルゲストのカンカラさんによるコント。ベテランの3人によるリズミカルなコントに、お客様は笑いっぱなしꉂꉂ(˃▿˂๑) 私も「お江戸でござる」を見ていたので、ついつい見入ってしまっていました。お遍路に関する豆知識もはさんでくれました。

    株式会社ぶつだんのもり.マスコットキャラクター・もくりんくんと、もえちゃん、藤田さんによる体操の後は、「かくれ「へんろ」文字を探せ!」が出来た方に藤田さんの故郷・青森のリンゴジュースがプレゼントされていました♪(青森県は藤田さんのふるさとだそう♪)

    こんな風に、館内の数か所に「へんろ」「感謝」の札が隠されています…。

    続いて、遍路一人芝居。森春美さんの著書で、一世を風靡したエッセイ&朗読音声シリーズ『女へんろ元気旅』。藤田さんは、四国の美しい自然と熱い人情に感動しながら歩いた遍路の記録に魅了されたそうで、その遍路世界を一人芝居で演じます。

    著者の森春美さんは平成2年、富士山に登ったことをきっかけに、お遍路の全行程を歩いて巡拝したいという想いに駆られ、徳島にフェリーで渡り、四国の札所をめぐったのだそう。土佐は「修行の地」と言われるだけあって、辛そう…!
    夜通し歩いてバテてしまったり、仲間とはぐれてしまったり。高知は修行の道場と感じることが多かったそうです。色々な苦難が訪れるなか、遍路地図の作者との出会いや温かいお接待は、森さんの心を癒してくださったんでしょう。歩けること・遍路できることの幸せを感じたそうです。
    遍路に出てからの7年間は、バブル崩壊や阪神淡路大震災など、色々あったそうです。そのなかで、強さを与えてくれた歩き遍路。お遍路という文化を未来に伝え、次に残していくことが役目ではないかと感じたそうです。

    歌謡ショーのステージでは、高知県の大月小学校お遍路授業の3年生と作った「アサギマダラ」(2017年/大月へんろ道テーマソング)や、お遍路をテーマにした「お遍路札所巡り」「お遍路修行旅」などを披露。

    藤田賀子さんはラジオのアナウンサーも経験されているので、何といっても声が良い!!語って歌って踊って、時に会場のお客様を巻き込みながら楽しそうに走り回って…の2時間でした。
    また、今回は県外から来たお遍路さんたちがスタッフとしてお手伝いされていました。改めて、人の繋がりの大切さ、ご縁や温かさを実感したコンサートでした。

    そもそも、遍路は平安時代の説話集『今昔物語集』にも登場するほどの歴史ある四国の文化。日本遺産に認定されており、霊場を結ぶ遍路道の一部は、国の史跡指定を受け保護されている一方、お遍路さんの減少や高齢化などに伴い、お接待などの機会が減り、遍路道も長年の風雨などで破損や草木が生い茂り、安全に歩くことのできない場所があります。
    お接待に代表されるように、地域の人々と共存し、地域の人によって生かされてきたお遍路文化。藤田さんをはじめとする88プロジェクトやへんろみち保存協力会の方々は、日々、遍路道の整備や復元、講演活動などに携わっています。
    こうした活動で、遍路の文化・魅力を身近に感じてもらい、また、日本が誇る文化の一つ・四国遍路の遍路道や地域活性化につながれば良いですね (๑•̀ – •́)و✧

  • 「桂 三若落語会」出演者情報〈その➀〉

    7月6日に土佐清水市立市民文化会館さん、翌7日に弁天座で開催される「桂三若落語会」。
    現在、町のデザイナーさんが一生懸命チラシを制作してくれています!
    ちらっと拝見したところ、七夕感も漂うにぎやかなデザインになってました。仕上がりが楽しみ♪(そうです!今年は七夕に開催されるのです。ロマンチック~(*‘∀‘))

    さて。このほど、「桂三若落語会」の出演者が決定しました~‹‹\(*´∀`*)/››
    今年は桂三若さんに加え、桂三語さんとスペシャルゲスト・桂小文枝(桂きん枝)さんが来てくださいます!

    当ブログでは、3回に分けて出演者情報をご紹介していきたいと思います。
    トップバッターは、桂三若さん!!

    桂三若さんは、落語家・桂三枝さん(現在の桂文枝さん)の愛弟子ともいわれる噺家さんです。2001年なにわ芸術祭新人賞・NHK新人演芸大賞を受賞されました。また、「地域に生の落語を届けたい!」との思いから、2007年にはバイクで日本全国を回って落語会を開きました(弁天座でも飛び込みで落語会を開いたそうです)。
    新作落語創作集団・新作集団DIMA(2009年7月7日旗揚げ)に所属し、若手噺家と落語会を行なったり、「情熱ひとり会」でも口演を行なっています。
    天満天神繁昌亭での定席をお持ちですが、最近では秋田や大阪・東京などでの落語会をはじめ、ラジオへの出演やソウルバー・京都の嵐電や引き語りライブでの落語のほか、秋田の中学校創立記念で口演もされました!
    X(旧Twitter)には、読書メモをつづられているほか、地方紙へのコラム寄稿などもされているそうです。

    今年で16年目の公演となる三若さんの落語会ですが、三若さんが1994年に六代・桂文枝さんに入門してから、今年でちょうど30周年。節目の年ですね~(*´︶`*)
    三若さんのWEBサイト http://sanjaku.net/ では新しい情報が順次アップされています!YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCVWmkkJv4u_MibHePrsPIyg)や、X(旧Twitter)も要チェックですよ~!(@sanjaku3katsura)

  • 留学生が弁天座で歌舞伎体験!!

    長かった大型連休が終わりましたね。県内で過ごされた方・ご家族や親戚と賑やかに過ごされた方・旅行した方などいらっしゃると思いますが、楽しめましたでしょうか。
    私も連休後半は県外に行ってきたのですが、風雨が強く、強風で飛行機が揺れたりする場面もありました。

    弁天座では連休の5月3・4日に、大阪大学留学生のみなさんが歌舞伎体験と町歩きのために来館してくれました♪
    3日は午後から手結の可動橋などを見学した後に赤岡町に入り、夜には絵金歌舞伎のメンバーも参加しての交流会を開催。お刺身など高知のお料理は大好評でした!皿鉢も置いていて、学生さんが集まってきて珍しそうに見てくれていました。

    また、土佐のお座敷遊び&民踊を体験していただこうとの思いから、「しばてん踊り」や「正調よさこい鳴子踊り」などの民踊と、土佐のお座敷遊び「菊の花」や「箸拳」などを体験していただきました。

    箸拳(はしけん)。2人が向かい合い、相手が握っている箸の数を当てるお座敷遊びです。

    「菊の花」。盃に入った「菊の花」を当てた人が、自分と自分より前の人数分のお酒を飲むお座敷遊び。

    可杯(べくはい)。大勢でコマをかわるがわるまわして、コマの絵柄と同じ盃でお酒を飲む遊び。

    飲める人はお酒、飲めない人はお水やジュースで、無理せず、みんなで楽しみましたよ~ᐠ(∗ᵔᗜᵔ∗)ᐟ

    翌日は、朝からみんなでお寿司の手巻き体験。卵やきゅうりなどの具材とご飯を海苔に乗せて、せーの!で転がします。約10メートルの長―いお寿司が出来上がりました!

    その後、まち歩きと歌舞伎体験のグループに分かれ、まち歩きグループは絵金蔵と赤レンガ商家、おっこうやさんへ。それぞれの時間を楽しみました♪

    まち歩き組は、途中赤レンガ商家でお抹茶と和菓子のお接待も受けていました。

    お抹茶の点て方のレクチャーを受ける生徒さんたち。最後には「おいしいです。」と、笑顔で言ってくれました(*´︶`*)

    町歩きのグループが帰り、いよいよ舞台鑑賞に。

    娘役が迫りから登場後、「白浪五人男」実演の見学を行ないました。

    所作や台詞を一生懸命練習し、カッコよく見得を切っていましたよ!

    最後に、弁天座の廻り舞台と迫り体験もしていただきました!

    大阪大学の学生さんたちは、毎年「土佐絵金祭り」での絵金歌舞伎公演を手伝ってくれているのですが、今年は留学生の皆さんも何人かお手伝いに来てくださるとのこと。
    ぜひ、観光がてら「絵金祭り」の熱気を体感しにきてもらえたら嬉しいなーと思いました(ˊ˘ˋ* )

  • 【速報】今年もやります、桂 三若落語会

    桂 三若落語会、今年も開催が決定しました。7月7日(日)・七夕の日の14:00から開演します!
    そして、今年も土佐清水市立市民文化会館さんと共催させていただくことになりました。
    本場の笑いを弁天座と土佐清水市立市民文化会館で楽しみましょう♪

    出演者等の情報は順次発表していきます。
    乞うご期待くださいませ(๑•ᴗ•๑)

  • 見学&体験ツアーを開催しました

    大型連休中はお天気にも恵まれ、高知県内のお店でも観光客の姿を見かけました。桂浜などの観光地にも、たくさんの県外ナンバーの車が並んでいたようですね。

    5月5日・子どもの日、弁天座では体験&見学ツアーを開催。じゃらんnetにて参加者を募集したところ、弁天座のブログを見て来てくださった方がいらっしゃいました♪(ありがとうございます!!)

    職員二人で弁天座の歴史や廻り舞台・迫り・花道&すっぽんなどの説明をしながら、廻り舞台と迫り上がり体験を行ないました。じっくり見ていただきながら記念写真も撮ってもらうなど、和気あいあいと過ごしてくださってましたよ( ˶’ᵕ’˶)

    弁天座では、貸館のない時間/日を利用して、館内見学(有料)を本格的に4月から行っています。(見学可能かは事前にお問い合わせいただくのがベストです)。職員の解説付きで、弁天座の舞台裏をじっくりとのぞいてみませんか?
    料金につきましては、下記の表をご覧ください。※お支払いは現金のみ
    なお、当館は龍馬パスポートの対象施設ではありません。

                                                 

  • 地元企業さん、土佐絵金歌舞伎役者に!

    大型連休が始まりましたね。朝の混雑も心配していましたが、南国バイパスは渋滞することもなくスムーズに出勤できています。今年は、連休後半に混雑が予想されているそうなので、疲れをためないように楽しんでくださいね。

    弁天座のホール入り口に飾られたお人形たちも、子どもの日&大杯バージョンに模様替えして、観光客や利用客の皆さんをお出迎えしてくれています♪

    さて。4月28日に赤岡海浜で開催された「第67回土佐赤岡どろめ祭り」。赤岡町を代表するお祭りのひとつで、赤岡の浜が多くのお客様であふれる賑やかなイベントですよね~ヽ(*・ω・)o□☆□o(・ω・*)ノ
    テント席チケットは完売してしまったそうですが、会場はそんなに混雑もなく、皆さんゆったりと過ごされていたように感じました。

    また、今年は波も高くなく、漁船パレードも行われました。浜辺からみんなが手を振ってお見送り*-ω-)ノ”

    今年は、地元の企業から香南市観光協会、四国銀行、高知銀行、夜須・赤岡郵便局の皆さんが役者になってくれました~(ㅅ´ ˘ `) 
    本番前に、絵金蔵の多目的スペースで最後練習です。                             

    浜へ颯爽と出かける皆さま。すれ違う子どもさんやご婦人方の注目の的に♪

    いつの間にか、ステージ周辺にはたくさんのお客様が集まり、13:05から絵金歌舞伎「白浪五人男」がスタート!
    趣向を凝らしたPRに、会場からは笑いが起きたりしていました。

    歌舞伎のセリフにPRをまじえて言うのですが、声援や「かっこいい!」などの歓声が飛び交い、熱気に満ちた空間になっていました。

    終了後には、役者さんたちが一人ずつお酒を飲み干しました。良い飲みっぷり!
    アナウンサーの方から「こぼさず、きれいに飲めてましたよ~」とほめられてました。

    土佐絵金歌舞伎伝承会の皆さん、出演者の着付け・メイク・歌舞伎指導お疲れ様でした。                             現在、「絵金祭り」の公演に向けて、下座音楽や芝居稽古が始まっています。
    開催まであと2か月ほどとなりました。こちらもお楽しみに…( •ᴗ• *)))